つかまえた虫の飼い方を知りたい!おすすめの本『生きものつかまえたらどうする?』

スポンサーリンク
本の感想

どうも、こほこっほです。

どんどん寒くなってきて、今年の疲れも出てきて、体調を崩しやすい時期ですよね。

私はすぐ喉を痛めてしまいます。そんな時におすすめなのが、「たまねぎスライス」です!

この場合、食べるのではなく、お皿にのせて自分の目の前に置くだけです。

寝るときは、枕元に置きます。

我が家の定番対策です!ぜひお試しください!


さて、今回は、虫好きのお子さんへおすすめしたい本の紹介(感想)です。

虫は、もう冬眠に入っている時期ですが、虫たちが冬眠から目覚める時期は、早い虫で2月から始まるようです!

そこで、虫たちが冬眠中に、虫の飼い方を学ぶ のはどうでしょうか?

タイトル:生きものつかまえたらどうする?

文:秋山 幸也/絵:こばようこ/写真:松橋 利光/出版社: 偕成社


『いきものつかまえたらどうする?』の内容

家の庭や畑、公園や林、池や川のまわりなどで、虫やカエルなどの色々な生き物が、たくさん見つかります。見つけると、捕まえたくなり、でもうまく捕まえられない時もあります。そして、捕まえても、小さな生き物は、すぐ死んでしまいます。当たり前ですが、それぞれ生き物によって飼い方が違います。

この本を読むと、

見つけかた → 捕まえかた → 持ち帰りかた → 飼いかた → 飼えなくなった時の放しかた

が、詳しくよくわかります!

いきものをじょうずに持ち帰って、じっくり観察しながら、楽しく飼ってください!

『いきものつかまえたらどうする?』を購入した理由

虫が大好きな息子が、ダンゴムシやちょうちょやトンボなどを捕まえて、持って帰るのですが、お家まで持って帰って、虫かごに入れるのですが、育てられず、放す時もあれば、そのまま死なせてしまう事もありました。

なるべく、放すのは嫌だ!と言っても、捕まえたら放してから帰るようにしていました。

ある日、ふと本屋でこの本を見つけた時に、「ひらがなやカタカナが読めるようになった今の息子(4歳頃)なら、この本で調べながら育てる事ができるかも!やらせてみよう!」と思い、買ってみました!

『いきものつかまえたらどうする?』の感想

息子は、喜んで、真剣に読んでいました!虫を捕まえに行くときは、必ずこの本も持っていきます。

この本を読んでからは、捕まえる時の虫の持ちかたも変わり、捕まえて、持ち帰ってからも、自分で虫かごの中をその虫に適した環境にしようと、本を見ながら草や石を集めたり、エサを探したり、育てるという気持ちが強くなっていました。

虫の寿命も気にするようになり、捕まえても、かわいそうだから放してあげよう!と言って持ち帰らず放してあげたり、2.3日飼ったら、元気でね、バイバイ!と放す事もできるようになりました。

もしかしたら、年齢的にもそういう事ができるのかもしれませんが、私は、この本のおかげだと思っています。

何より、自分で読んで調べて、理解してくれたことが嬉しかったです。

絵や写真、文も、どれも分かりやすくて、子どもが楽しく学べる本でした!

まとめ

息子の性格的にもピタッとハマった本だったとも思いますが、とにかく内容がとても分かりやすいのです!

上に載せた本の写真を見てわかる通り、ボロボロになるくらい読み倒しています。

息子に、「この虫はどうやって育てるんだっけ?」と聞くと、「えっとねー、たしか〜〜〜。」と言って、この本を持ってきて、確認しながら教えてくれます。

息子と同じように、虫大好きなお子さんをお持ちの方や、自分自身虫が好きな方にも、おすすめの一冊 です!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こほこっほでした。

コメント

  1. […] つかまえた虫の飼い方を知りたい!おすすめの本『生きものつかまえたらどうする?』虫好きのお子さんへおすすめしたい本「生きものつかまえたらどうする?」の紹介(感想)です。 […]

タイトルとURLをコピーしました