【田舎に引っ越したくない】生活や子育てが不安?田舎で楽しく暮らす方法!【体験談あり】

スポンサーリンク
育児・生活

どうも、こほこっほです。

この時期は、夫の転勤などで、引越しをする方が多いかと思います。
知らない土地で暮らすという事は、楽しみでもあり、不安でもありますよね。
特に田舎となると、都会とは違った不安もあります。

例えば、
・アウェイ感がすごそう
・交通機関はどうなっているのだろう
・田舎での育児が大変そう
・そもそも生活しずらそう
などなど...

私は、生まれも育ちも田舎です。それも結構な田舎です。(笑)
そして、夫と結婚して6年目ですが、6年の間で、すでに5回の引越し経験をしています。
県内での引越しで、半分以上が田舎への引越しでした。
その土地柄によって、環境も雰囲気も全く違ったりするので、
田舎育ちの私でも戸惑うことがありました。
ですが、安心してください!
引っ越し場所の環境把握押さえておくポイントさえ覚えておけば、
田舎で、それほどストレスなく楽しく過ごせますよ♬
なんせ、住むだけで、まずマイナスイオン浴びれますから!(笑)

私の経験で学んだ事をご紹介します!

《 田舎で楽しく暮らす方法 》
※ ズバリ!このポイントを押さえておけばOK!

1. 病院が近い住まいを探す
2. 車は絶対あった方がいい
3. 行きつけのお店(スーパーでもOK)をつくる
4. 探索する(引っ越す前に探索しておくと尚良い)
5. 公園になるべく通う(育児)

※ 無理して交流しなくても大丈夫!

詳しく説明していきます。

田舎で楽しく暮らす方法①『病院が近い住まいを探す』

田舎は、都会と比べ、とにかくお店が少ないです。
同じくらい病院もとても少ないです。

特に少ないのは、
・小児科
・耳鼻科
・産婦人科
です。

上記の3つの専門医院は1ヶ所あるくらいです。
そもそも病院の数が少ないので、どこの病院に行くにもそれぞれ距離があります。
子供が病気になった時は、ただですら大変なのに、病院に行くまでの距離があるともっと大変です。
自分が病気になった時も、なるべく負担なく病院へ行きたいです。
田舎は、バスや電車も都会みたいに頻繁に走っている訳ではないですし、
毎回タクシーを使うのも出費が….。

私自身、病院情報を把握しないまま、引っ越さないと行けないことが多かったので、病院通いには苦労しました。特に子供が病気になった時は、ほとんどタクシーを使っていました。(汗)
なぜなら、自家用車が一台だけで、夫が通勤で使用していた事と、
バスで病院へ向かった時に、子供がバスの中で吐いてしまった事があったからです。

ですので、
◎育児中の方は、小児科や総合病院が近くにある住まいを選ぶ事をオススメします。
育児中じゃない方でも、病院に近い住まいを選ぶ事をオススメします。

田舎で楽しく暮らす方法②『車は絶対あった方がいい』

車は絶対あった方がいいです!
もっと言えば、
夫婦一台ずつ持っていると、とっても便利です!

①の病院の件でも書きましたが、どこに行くにも距離があります。
バスや電車も30分〜1時間に一本の地域がほとんどです。
あれこれ用事を済ませようとしたら、半日以上かかる場合もあります。
子供と一緒なら更にもっと時間がかかります。
それに、職場が遠い人は車通勤になるかと思います。
自転車でも良いのですが、都会に比べて道路状況が悪い所が多かったり、
雨が降ってきたりしても、避難できる(雨宿りできる)場所が少ないです。
子供と一緒だと尚更、大変になります。
ですので、

田舎で暮らすには、車は必須です!

田舎で楽しく暮らす方法③『行きつけのお店(スーパーでもOK)をつくる』

◎よく行く商店やスーパーなどをつくり、顔なじみになるのが目的です。
顔なじみになると、色々とそこの地域の情報を聞く事ができます。

田舎だと、知り合いを作れる交流の場(イベントなど)が少ないです。
それに、そういう場に行っても何回か通わないと親しくなれるものではありません。
特に知らない土地だと、そういう場に行くのも少しためらってしまいます。
ただですら引越しで新しい生活に慣れるまで大変なのに、無理して行っても疲れるだけです。

ですので、

毎日の生活の中で必ず必要な場所で、顔なじみになるのが得策です!

私自身、このやり方でとても生活が楽しくなった経験があります。

生活が楽しくなった体験談①

息子が1歳の時に、保育園からの自宅に帰る途中にある商店に頻繁に通っていました。その商店の奥さんと親しくなり、お話するようになりました。地域の情報を聞けたり、何より、知り合いが全くいなかった私にとって、
夫以外におしゃべりできる相手ができた事がとても嬉しかったです。

生活が楽しくなった体験談②

自宅からすぐ近くにスーパーがある所に住んでいた時は、そこのスーパーのスタッフさん何人かと仲良くなり、
そのスタッフさんがレジの時は、とても楽しい時間でした♬
息子も好きなレジのお姉さんができ、レジに並ぶ時に、そのお姉さんを探してそこに並んでいました。
我が家の引越しが決まり、離れる最後の日には、親しくしてくれたスタッフさんは「え〜!寂しくなるなぁ」
と、レジを打ちながら泣いていて、私もグッときてしまい、泣きながらお金を払った思い出があります。

その地域の方々が、気さくでとても親切だった事や、子供に優しい人が多かった事も確かです。
ですが、
そういう人と出会える場所は、
商店やスーパーなどのお店がオススメです!
個人で開いているカフェや雑貨屋なんかもオススメです

スポンサーリンク

田舎で楽しく暮らす方法④『探索する(引っ越す前に探索しておくと尚良い)』

これは田舎に関係なく、都会でも、知らない土地での探索は大事ですが、
特に、田舎の探索はとっても大事です!

なぜなら、
ネットや地図で場所を調べておいても、実際行ってみると、
思っていた以上に時間がかかったり、車が通れない細い道だったり、
もっというと、田舎のネットの情報が古いままで、
更新されていない場合が多かったりします。

ですので、

情報よりも自分の足で確かめるのがオススメです!

さらに、さらに、探索って、

旅行気分と似ていて、ワクワク・ドキドキしませんか?
情報にはなかった気になるお店を見つけたり、
地元の人しか知らないであろう近道を見つけたり、
素敵な人との出会いもあるかもしれません。

そんな気分を味わう事によって、
ひとりでも楽しい時間を過ごせると思います!

田舎で楽しく暮らす方法⑤『公園になるべく通う(育児)』

これは、育児中のお父さんお母さんに向けてになります。
そして、私の失敗の経験から言えることです!

幼稚園や保育園にまだ通っていないお子さんがいる時は、
なるべくお散歩や公園へ通いましょう!

▽ 私の失敗談

私が一人目を出産して、息子が生後1ヶ月の頃から、知り合いのいない土地での新生活が始まりました。
始めての育児と新生活に慣れていない状況での毎日の生活は本当に大変でした。
新生児のお出かけデビューできるまでの引きこもり生活の慣れと、人見知りの性格が合わさり、
お出かけデビューできる月齢になっても、ほとんど引きこもり生活をしていました。(息子よ、ごめん。)
外に出ても、住んでいるアパートの周辺をぐるぐるしたり、アパートの駐車場で遊ばせたりと、
とてつもなく小規模エリアで動いていました。
(夫が休みの時は、車で広い公園やどこかお出かけには行っていました。)
そんなんじゃ、もちろん人との交流はないですし、育児や新生活のストレスがうまく発散できず、
私の中にずっと溜まっていくいっぽうでした。今思えば、良くない行動だったと感じれます。
そんな失敗経験があったので、強くオススメできます!

なるべくお散歩や公園へ通いましょう!

未就園児対象の教室へ行くものもちろん良いのですが、私は公園をオススメします!

▽ 公園をオススメする理由

田舎では、教室の数や種類がとても少ないです。
それに加え、何時から何時までという時間指定があります。(当たり前ですが。)

育児って毎日予定通りはいかないもので、さらに新生活にも慣れなきゃいけない、
そんな時に、知らない親子と一緒の部屋でコミュニケーションはまだ無理ーーー!と、
心に余裕がなく、さらに人見知りの私はそう思ってしまいました。

好きな時に行けて、好きなだけ居れる、他の親子が遊んでいても接しても接しなくて良い、
気軽さを選び、私は公園を選びました。

ですので、
私みたいに、人見知りでコミュニケーションが苦手なタイプだと、断然公園が良いです!笑

え???と不安になった方、安心してください!!
そんな気持ちで通っていても、ママ友はできます!笑

公園で毎回よく遭遇して、その時だけお話したり遊ぶ親子も出来ますし、
お互いのお家に遊びに行くくらいの気の合うママ友もできます!
私がそうでした(笑)

何より、外に出ることは、心もカラダも、とっても健康的になります!

人見知りの私でも、さすがに不安感から、人恋しくなりました。

スポンサーリンク

まとめ:田舎で楽しく暮らす方法『無理して交流しなくても大丈夫!』

田舎の人に、どんなイメージを持っていますか?
親切で優しいというような好印象のイメージもあれば、
よそ者には冷たい?!無口というようなイメージもありますよね!

田舎育ちで、他の田舎にも住んだことがる私が答えます。

いろんな人がいます。(田舎も都会も同じですね!笑)

気が合いそうな人もいれば、苦手な人もいます。
どこに住んでいてもそうですよね!
田舎も同じです。
ですので、

いつもの自分の交流のやり方で大丈夫です!(^^)

◎ 交流が大好きな方は、色々なイベントや教室などに、どんどん参加してください!
  地元の人ではなく、同じように転勤してきた人が結構居たりします。

◎ 交流が苦手な方は、無理せず、自分のペースで、まずは新生活に慣れてください!
  生活に慣れてきた頃には、どこかで縁のある人に出会うと思います。
[ad]
でも、これだと、なんだそれだけ?と思う人もいるかと思うので、、、

私が感じた、「 田舎の人に多い人 」を紹介します。

赤ちゃん、幼児を連れていると、「可愛いわね」と声をかけられる
散歩していたり、公園やスーパーで、子連れで歩いていると、
高い確率で声をかけられます。特におばあちゃんが多かったです。
私は、とても嬉しかったです♬
運転が心配な人が多い。。。(高齢者運転手が多い)
トロトロ運転が多かったり、急に曲がったり、
細い道路なのに車を停車させておしゃべりしていたり。。。
都会と比べると交通量が少ないからでしょう。
自由な運転をする人がいますので、ご注意を!
(ちなみに、私も(ルールは守っていますが)運転が下手くそです。)
【 ギブ アンド テイク(give and take)のギブが凄い人が多い 】
ちょっとした事を聞いても、とっても詳しく説明してくれたり、
おせっかいなくらい心配してくれたり、お裾分けの量が凄かったり…。
ただ、距離感が近くなりすぎたりする人もいるので、そこは気をつけて

そういう人に出会った時は、自分と相手のちょうど良い距離感を探り
ながら付き合ってください。

色々書きましたが、

どこへ引っ越しても、自分を大切に、無理だけはしないことです。
でも、新しい新生活を楽しくするもしないも、自分の気持ち次第でもあります。
出来るだけ、ポジティブに、どんなことも何とかなる!と思う気持ちが大事です!
なんとかなります!いろんなハプニングも、のちに、笑い話にもなります。
田舎でも、” 住めば都 ”です(^^)

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
こほこっほでした。
またねー🐈

コメント

タイトルとURLをコピーしました